ここから本文です

アマゾン、インドで食品宅配開始へ  政府が月内にも承認

6/9(金) 12:32配信

ウォール・ストリート・ジャーナル

 【ニューデリー】インドで食品宅配サービスへの参入を目指す米アマゾン・ドット・コムの大型投資計画が、規制緩和の追い風を受けて前進しそうだ。

 インド商工省の関係者によると、アマゾンが全国的な食品宅配ネットワークを構築するために約5億ドル(約550億円)を投資する計画に対し、政府が近く承認を与える見通しだ。 

 インドは国内にある数多くの個人商店を保護するため、外国企業が消費者へ商品を直接販売することを制限している。アマゾンはこれまでネット販売プラットフォームや物流面で小売業者を手助けするマーケットプレイスの形でしかインド事業を展開できていなかった。

 だがインドは昨年、国内で生産・加工された食品を仕入れることを条件に、外国企業の食品小売りを可能にした。これによりアマゾンが食品販売を通じて12億人の消費者を直接顧客とする道が開けた。

 匿名希望の商工省関係者は「(食品のネット販売開始という)アマゾンの提案に何ら問題はない」とし、「今月中に認可する」と話した。

 アマゾンは今年に入ってからこの計画で承認を申請していた。今回の商工省関係者の発言についてコメントはないとしつつ、インドの小売りを近代化するのに役立つ投資だと信じていると述べた。

By Rajesh Roy