ここから本文です

天皇陛下退位特例法案 参院で可決へ

6/9(金) 9:18配信

ホウドウキョク

天皇陛下の退位を可能にする特例法案は、9日の参議院本会議で可決、成立する。
特例法案は7日、参議院の特別委員会で、全会一致で可決された。
自由党は、採決前に退席した。
法案は、9日午前の参議院本会議で、自由党を除く与野党の賛成多数で可決、成立する。
退位の対象は、天皇陛下1代限りだが、政府は、将来の退位の「先例になり得る」との見解を示している。
また政府は、陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位を2018年12月下旬とし、翌2019年元日に元号を改める日程を軸に検討している。
新しい元号は、半年ほど前の2018年夏ごろ公表する方針。