ここから本文です

文科省、児童の自殺予防の強化を通知

6/9(金) 13:20配信

ホウドウキョク

例年より、およそ1カ月早く通知を出した。
いじめを受けていた子どもの自殺が相次いでいることを受け、文部科学省は、いじめを防ぐ取り組みの強化を促す通知を、全国の教育委員会などに出した。
この通知は、例年夏休み前に出されているもので、2017年は特に、夏休み前から学校がいじめの早期発見に努めることや、休み中の保護者による見守りを確実に行うよう求めている。
文科省によると、宮城・仙台市で2017年4月、いじめを受けていた男子中学生が自殺したことなどを受け、休み前にも対策を行えるよう、2017年は、例年よりおよそ1カ月早く通知したという。

最終更新:6/9(金) 13:20
ホウドウキョク