ここから本文です

政府「骨太の方針」など閣議決定

6/9(金) 21:38配信

ホウドウキョク

政府は、臨時閣議で、働き方改革などを盛り込んだ、「経済財政運営と改革の基本方針」、いわゆる「骨太の方針」と、成長戦略を閣議決定した。
安倍首相は「成長と分配の好循環を拡大していくため、働き方改革の実行に加えて、人材への投資を通じた、生産性の向上を図る」と述べた。
骨太の方針には、長時間労働の是正や、非正規雇用者の処遇改善などの「働き方改革」のほか、「幼児教育・保育の早期無償化などに向け、安定的な財源確保の進め方を検討し、年内に結論を得る」ことを盛り込んだ。
財源としては、「こども保険」の創設も視野に、「財政の効率化」、「税」、「新たな社会保険方式」の3つの案を挙げている。
一方、成長戦略では、ロボット技術やAI(人工知能)などで、産業の高度化を図り、「健康寿命の延伸」や「移動革命の実現」など、5つの分野に、政策や投資を集中させる方針を示した。

最終更新:6/9(金) 21:38
ホウドウキョク