ここから本文です

衆院議長「付帯決議」に真摯対応を

6/9(金) 22:54配信

ホウドウキョク

特例法とともに採択された付帯決議に真摯(しんし)に対応するよう、政府に求めた。
大島衆院議長は「本日成立をみた法律は、この取りまとめの趣旨に厳粛にのっとり、これを忠実に条文化したものであると理解しております」と述べた。
衆・参両院の正副議長は9日、天皇陛下の退位を可能にする特例法が成立したことを受けて会見し、大島衆議院議長は、国会の取りまとめの趣旨に添った法律になったとして評価し、今後の退位と即位が「万遺漏(ばんいろう)なきを期すことを望む」と述べた。
一方、政府に女性宮家の創設の検討を求めることを盛り込んだ付帯決議について、「趣旨を真摯に受け止め、安定的な皇位継承を確保するための方策について、可能な限り、最大限に早く検討を行い、国会に報告されることを求める」と注文をつけた。

最終更新:6/9(金) 22:54
ホウドウキョク