ここから本文です

【ライターコラムfrom群馬】ルーキーイヤーで8ゴール…言葉とテンションを操るFW高井和馬

6/9(金) 12:18配信

SOCCER KING

 「オレがチームを勝たせたい」

 「きょうはオレが決めるのは分かっていた」

 独特の“言葉”を持つプレーヤーだ。大卒ルーキーFW高井和馬。彼の口からは、歯に衣着せぬ言葉が次々と飛び出してくる。ミックスゾーンで、彼の存在は極めて異質だ。

 「ルーキー」。この表現をも、高井は嫌がる。

 「ルーキーとか日本人とか外国人とか、そういう枠に関係なく結果を残さなければいけない。目指すべきものは、もっと高い場所にある」

 高井はJ2リーグ第2節の湘南ベルマーレ戦でJ初ゴールをマークした。そのときのコメントも周囲を驚かせるものだった。

 「初ゴールは、試合に出ていれば当たり前っていうか普通です。ゴールを決められたことはホッとしているが、それ以上の意識はない」

 高井は第2節の初ゴールを皮切りに、ゴールを積み重ねていく。彼が多用する言葉に「テンション」というものがある。ゴール前での“緊張”“張力”という意味で使っている。

 開幕当初は、ゴール前でのシュートチャンスで力んでしまい、シュートが枠を外れるシーンが少なからずあった。「テンションが上がってしまって、決めることができなかった。自分の中でテンションをコントロールしなければいけない」

 テンションを自在に操れるのが、高井のスゴさだ。第7節ジェフユナイテッド千葉戦では中盤でボールを奪い取ると、GKが出ているのを察知して約45メートルのロングシュートをゴールへ収めた。


 高井は第14節レノファ山口FC、第15節カマタマーレ讃岐戦で連続ゴールを決めると、第16節アビスパ福岡戦(当時福岡は首位)では2ゴールを叩き込んで、J初の複数ゴール。2点ともにGKの動きを察知して決めた、技ありのシュートだった。「正直、ハットトリックを狙っていたので、満足はない。チャンスはすべて決めなければいけない。首位のチームから点を取ることでさらに注目される」

 17節を終えた時点で、J2得点ランク6位タイにつける8ゴール。この数字に満足する仕草をみせることはまったくない。それどころか、自身のパフォーマンスに警鐘を鳴らす。

 「ゴールは取れているが、それ以外のシーンがぜんぜんダメ。ボールタッチも少ないし、ドリブルも止められてしまうことが多い。得点だけではなく、90分間を通じて、ゲームを支配するようなプレーをみせなければいけないと思っている」

 圧倒的な決定力と強靭なフィジカル、そして鋼のメンタルを持つ規格外のストライカーが今季、どんな進化を遂げるのか。

 ゴールのたびに言い放たれる言葉は、確固たる自信の裏付けだ。高井は、その言葉に大きな野心を忍ばせてJ2の舞台を駆ける。

文=伊藤寿学

SOCCER KING

最終更新:6/9(金) 12:18
SOCCER KING