ここから本文です

「ハードブレグジット」に疑問符、英国民がメイ首相の戦略拒絶

6/9(金) 18:32配信

Bloomberg

英国民はメイ首相の「ハードブレグジット(強硬なEU離脱)」のビジョンを拒絶した。より穏やかな欧州連合(EU)との離婚に道が開かれた可能性がある。

メイ首相は離脱交渉に強い基盤を持って臨むため解散総選挙に踏み切ったが、保守党は過半数を確保できず、首相の座にとどまれるかどうかも怪しくなった。

約2週間後に予定されるEUとの交渉開始は難しくなりそうだ。メイ首相なりその後継者なりがまず新政権を樹立しなければならず、恐らく離脱交渉について新たな戦略を策定する必要も生じるだろう。BBC放送はメイ首相に辞任の意向はないと報じた。

EU残留派だったオズボーン前財務相はITVの番組で「ハードブレグジットは今夜、ゴミ箱行きになった」と語った。

また、労働党の離脱担当者、キーア・スターマー氏は「首相は極端なバージョンのブレグジットを強行するために選挙を実施した」が、ハードブレグジット戦略が「失敗に終わったことは既に明らかだ」と述べた。

原題:Hard Brexit Thrown in Doubt as U.K. Voters Reject May’s Strategy(抜粋)

Simon Kennedy

最終更新:6/9(金) 18:32
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ