ここから本文です

原口のプレミア移籍は最終段階も…移籍金希望額には2.5億円の差

6/9(金) 12:46配信

ゲキサカ

 ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気のプレミアリーグのブライトンへの移籍が最終段階に入っている。

 地元紙『ベルリーナ・クリーア』によると、交渉は順調に進んでおり、移籍金の条件を詰める最終段階に入っているという。しかしブライトン側は300万ユーロ(約3億7000万円)の条件を提示しているが、ヘルタ側は500万ユーロ(約6億1700万円)を求めており、まだ差額があると伝えている。

 ただし移籍は既定路線の模様。同紙は原口について「ゴール前の図太さを欠いたために、84試合で4ゴールにとどまった」と指摘しながらも、「ブライトンではもっと運に恵まれるだろう」と期待を記した。

最終更新:6/9(金) 12:46
ゲキサカ