ここから本文です

暴行した済州DFの処分決定か…済州は徹底抗戦の構え、メディアもAFCに不信感

6/9(金) 16:15配信

ゲキサカ

 5月31日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦の浦和レッズ対済州ユナイテッドにおいて発生した乱闘騒動の処分が出たようだ。韓国メディア『スポーツソウル』は関係者の話として、最大で6か月の出場停止処分のほか、全体で1億ウォン(約980万円)近くの罰金処分が科せられる見通しであることを伝えた。

 波紋を広げる乱闘騒動について浦和とともに済州もアジアサッカー連盟(AFC)に対して意見書を提出して“両成敗”を主張していたが、処分はやはり重いものになった。

 同メディアによると、後半36分に退場したDFチョ・ヨンヒョンに最も重い処分となる6か月の出場停止と罰金2万ドル。MF阿部勇樹に暴行を働いたとして退場となったDFペク・ドンギュには3か月の出場停止と罰金1万5000ドル。DFクォン・ハンジンには2試合の出場停止と1000ドルの罰金。そしてクラブにも4万ドルの罰金が科されている。

 しかし同メディアは、済州はAFCに控訴する予定であることを伝えている。

 報道によると、済州の主張はFWズラタン、DF槙野智章、MF武藤雄樹の挑発に対する抗議でトラブルに発展したとするもので、ペク・ドンギュの過ちについては認めた一方で、浦和の嘲笑や悪口があまりに酷かったとする意見書や動画を8日にAFCに提出した。

 しかしAFCは済州の意見書が提出された翌日の9日に処分を決定したことで、「待っていたかのようだ」と疑問を投げ、「浦和の主張のほとんどが受け入れられ、済州の意見はほとんど受け入れられなかった」と強く抗議した。

 またチョ・ヨンヒョンに対し、暴行を働いたペク・ドンギュよりも重い処分が科せられたことで、不信感を強めている様子。「チョ・ヨンヒョンへの重い処分の理由は、退場した選手がグラウンドに入って審判に抗議したことと、浦和側に水を撒いてしまったことが理由とみられるが、ペク・ドンギュより重い処分であることは釈然としない」。最後には「チョ・ヨンヒョンの退場自体も誤審だった」と投げやりに伝えた。

最終更新:6/9(金) 16:15
ゲキサカ