ここから本文です

AFCが暴行の済州選手らへの処分を発表「浦和の抗議を支持」…“乱闘参加”浦和にも220万円の罰金

6/9(金) 16:50配信

ゲキサカ

 アジアサッカー連盟(AFC)は9日、公式サイトで5月31日の浦和レッズ対済州ユナイテッド戦であったトラブルに対する処分を発表した。

 5月31日、埼玉スタジアムで行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦第2戦の浦和対済州戦において、浦和が2戦合計でリードを奪った延長後半から済州の一部選手が激高。前代未聞の乱闘劇が勃発し、試合が終わっても乱闘騒動は収まらなかった。

 AFCは「浦和からAFCに済州の選手の行動を調査するように要請した抗議を支持した」として処分を決定。DFチョ・ヨンヒョンに6か月の出場停止と罰金2万ドル(約220万円)。同選手は後半36分に退場処分となったが、試合後もグラウンドに入って審判に抗議したことで処分が重くなった。

 MF阿部勇樹を暴行した控え選手のDFペク・ドンギュに3か月の出場停止と罰金1万5000ドル(約165万円)。阿部の顔にエルボーを入れたことが暴力行為として認められた。両選手は出場停止の間、国内外の試合、親善試合を含むすべての試合に出場することが出来ない。

 DFクォン・ハンジンにはAFCの大会の2試合出場停止と1000ドル(約11万円)の罰金が科せられている。

 また済州には4万ドル(約440万円)の罰金。浦和にも乱闘に参加したとして2万ドル(約220万円)の罰金処分が決定した。

最終更新:6/9(金) 17:12
ゲキサカ