ここから本文です

女子アナ五戸美樹は、本番前に「ある験担ぎ」をします。

6/9(金) 12:54配信

日刊スポーツ

 エイベックス所属のアナウンサー五戸美樹です。カメラやマイクを前にすると今でも緊張します。ですが、プロである以上、ステージに上がったら失敗は許されません。それには徹底した準備と流れを想定して臨みます。司会者の条件のひとつとして、メンタルが強くないといけません。特に大勢の人前で堂々としゃべることはなかなかできませんよね。でも…強くなろうとしても簡単にはいかないし、メンタルが弱い子は一切お手上げかといったら、そんなことはありません。コツコツ準備をすれば良いのです! それでは「元ニッポン放送アナウンサー五戸美樹のごのへのごろく」第25回トーク編「メンタルレッスン~準備編~」をどうぞ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【前回までのあらすじ】ダイエット編と並行して連載中のトーク編。アイドルやアーティストに行っているトークレッスンの内容を公開しています。トークの中身からコミュニケーションレッスンを挟んで、今回はメンタルレッスンの続きです。

 ■アイドルの子にも徹底「対話の準備」■

 人前で話すときに精神面を強く保つには、まず極度の緊張をほぐすことが大事。それには前回までに書いた、後ろ向きな発言をしないことや、うまくやろうとしないことが当てはまりますが、もうひとつは、「準備をする」ことだと思っています。

 私が教えているアイドルの子たちも、いきなりインターネット番組にゲストで出ることになったり、ラジオ番組でパーソナリティーとして話すことになった時、緊張し過ぎることのないよう、準備をするよう勧めています。

 例えばゲスト出演なら、前回のその番組を見てみる、司会者のことを調べてみる、聞かれることを想定してみる。ラジオのパーソナリティーなら、事前に原稿をもらって読んでみる、他のラジオ番組を聞いてみる、話したい内容を声に出してしゃべってみる…できることはたくさんあります。

 ■トークだって本番は練習の延長にあり■

 これはトークに限らず、他のことでも当てはまると思います。ピアノの発表会、練習が足りない時ほど「失敗したらどうしよう」と思って緊張しがち。練習で百発百中なら「練習通りやろう」と思えばいいので、そんなに緊張しないはず。学芸会でも、部活の大会でも、練習を重ねた時ほど自信を持てた経験がある方は多いと思います。

 プロ野球選手もオリンピック選手も、信じられないくらい練習をしているから、本番で実力を発揮することができるもの…なのに、なぜかトークに関しては、練習をしようとか、準備をしようという観点があまりない…そんな人が日本人に多い気がしています。

 私も、準備が足りない時ほど変に緊張してしまいます。特に司会業は、流れを頭に入れ、登壇者のプロフィルと最近の出来事を記憶していないと、うまく“回す”ことはできません。イベントは“生もの”なので、台本を追っているだけではその場のベストな対応ができないからです。

 そして、頭に入れながらも、台本は必ず壇上に持っていくのが私のスタイルです。「もし忘れちゃったらどうしよう」といった「もしも…」を想定し、念には念を入れて用意をします。台本を持っているだけで「万が一忘れてしまったらこれを読もう」と思うことができるので。

 ■「絶対大丈夫」「絶対うまくいく」と■

 本番前の一番緊張する時は、心の中で“呪文”のように、こう唱えます。「これだけ準備をしたから絶対大丈夫。絶対うまくいく」と。自分に暗示をかけて、緊張を和らげます。これは準備が整っていないとできないことです。

 就職活動なら、受ける会社のことを調べる、その会社でやりたいことを考える、そしてそれを声に出して言ってみる。会議でのプレゼンなら、一度通してやってみる、うまくいかなかったところはメモにする、良い反応が来なかった時のもうひと押しを考える…できることはたくさんあります。そして本番前に「絶対大丈夫」と唱えたら完了です!

 大切なのは、準備できる内容を考える想像力。「これを聞かれるかも」「ここがうまくいかないかも」と、可能な限り具体的に想像できるほうが、しっかり準備できます。

 もし想像ができなかったら、それは、今までやっていなかっただけのこと。やればやるほど、足りないものが見えてきて、やらなきゃいけないことが想定でき、準備を進められて、気付けば極度の緊張からは解放されています。(次回トーク編は第26回「気をつけたい言葉遣い」です)

 < 本日のごのへの・ご・ろ・く > 「準備して 『大丈夫』の暗示 かけるべし」

 ◆五戸美樹(ごのへ・みき) 1986年4月9日生まれ。埼玉県出身。お茶の水女子大学文教育学部を卒業し2009年、ニッポン放送入社。アナウンサーとしてエンタメからスポーツまで幅広く多くの番組を担当して、2015年11月に退職。同年12月からエイベックス・マネジメントに所属。エイベックスでは初のアナウンサー契約。イベントやライブの司会などのほか、アイドルやアーティストに「トークレッスン」も担当。ゆるやかな糖質制限の「ロカボダイエット」を実践中。日々快調、リバウンドなし。

最終更新:6/9(金) 12:57
日刊スポーツ