ここから本文です

巨人クルーズが危機救った!横っ飛び美技で併殺

6/9(金) 18:54配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム1-2巨人>◇9日◇札幌ドーム



 球団史上ワーストの13連敗中と歴史的窮地に立たされている巨人が敵地札幌に乗り込んだ。試合前の時点でここまで、23勝33敗の借金10。先制された試合は16連敗中。先発マイコラスの立ち上がり注目が集まる。小林が3戦ぶりのスタメンマスク。1番は陽岱鋼、2番は坂本勇、4番は2戦連続で阿部が入った。

【写真】ぼう然とする巨人ベンチ

 1回表、先頭の陽岱鋼が初球から積極的に仕掛け、右翼へのいい当たりを放ったが、右翼手松本の好捕に阻まれる。坂本勇、マギーは連続三振で3者凡退。

 1回裏、先発のマイコラスは3者連続奪三振で快調に滑り出す。

 2回表、先頭の阿部は空振り三振。村田がチーム初安打となる中前打をマーク。1死一塁で長野が中越え二塁打で1死一、三塁。先制の絶好機で古巣凱旋(がいせん)の石川が、フルカウントから高梨の117キロカーブを左翼前にはじき返し、先制適時打を放った。巨人が1点を先制した。

 2回裏、先頭の中田に中前打を許す。1死一塁から、この日、27歳の誕生日を迎えた大田に右前打でつながれて、1死一、三塁。松本に左翼線へ同点適時打を許す。なお、1死二、三塁から大野のライナーを二塁手クルーズが体を投げ出して好捕。三塁に転送して併殺に仕留める。スコアは1-1。

最終更新:6/9(金) 21:16
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 10:45