ここから本文です

スバル、WRX STI タイプRAを北米で発表

6/9(金) 19:05配信

carview!

スバルは9日、WRXシリーズの限定バージョン「WRX STI タイプRA」の北米仕様を発表した。WRX STI タイプRAは、高性能スポーツセダンWRX STIをさらにチューンアップした限定車。北米では2018年初頭に500台限定で販売される。

【写真をもっと見る(6枚)】

スバルは今週にWRX STI NBRスペシャルなるモデルの予告映像を公開した。これはドイツ・ニュルブルクリンク・サーキットの北コースを攻略するために開発したタイムアタック仕様だが、今回発表された「WRX STI タイプRA」は、その市販バージョンにあたる。北米以外の国でも販売されるはずだが、最初にアナウンスされたのは、スバルにとって最大の市場である北米向けモデルだった。

WRX STI タイプRAには専用設計されたフロントグリルやアンダースポイラー、リアバンパーなどが用意される。これらのエアロパーツのデザインはタイムアタック仕様に比べると控えめ。また、ドライカーボンリアスポイラーも標準装備され、ルーフもドライカーボン製となる。

パワートレインについては、専用ECU、強化型ピストン、専用吸気ダクト&エアクリーナー、専用パフォーマンスマフラー&エキゾーストパイプなどでチューンアップされた2.5リッター水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。最高出力310hpを発生する。

足回りは、専用のビルシュタインダンパー&コイルスプリングのほか、フロントが対向6ポット式、リアは対向2ポット式となるBremboのモノブロックブレーキキャリパー(シルバー塗装)&ドリルドディスクローター、BBS軽量19インチ鍛造アルミホイール(ボールド)を備える。

インテリアはウルトラスエードの専用ステアリングホイール、RECAROバケットタイプフロントシートなどによりスポーティな仕立てとなる。

さらにスバルは、WRX STI タイプRAのほか、BRZ tS(写真4,5枚目)も北米市場に投入することを明らかにした。BRZ tSは、すでに日本で展開されているSTIがチューニングを手がけたBRZ。応答性能を高めるフレキシブルV型バーやドロースティフナーなどによりシャシー性能が向上しているのが特徴。こちらも2018年初頭に500台限定で販売される予定となっている。

株式会社カービュー

最終更新:6/9(金) 19:05
carview!