ここから本文です

NY原油(8日):小幅続落、予想外の在庫増加を引き続き嫌気

6/9(金) 5:20配信

Bloomberg

8日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は小幅続落。前日発表された統計で原油在庫が予想外に増加したことが引き続き売り手掛かりとされた。供給過剰状態が改善していないとの見方が強まっている。

BNPパリバの商品市場戦略責任者、ハリー・チリンギリアン氏 (ロンドン在勤)は「数週間にわたり原油在庫は減少していたが、このような増加が見られるたびに需給均衡に向けた市場の自信が揺らぐ」と指摘。「現在、強材料はほとんど見当たらない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比8セント安い1バレル=45.64ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント8月限は20セント下げて47.86ドル。

原題:Oil Closes at Five-Week Low After Surprise Gain in U.S. Supplies(抜粋)

Jessica Summers

最終更新:6/9(金) 5:20
Bloomberg