ここから本文です

麻布十番に「泊まれるギャラリー」 日本と台湾つなぐ拠点に、2020年までの限定で /東京

6/10(土) 9:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 麻布十番に6月10日、「泊まれるギャラリー」をコンセプトとした複合施設「NIBUNNO(ニブンノ)」がオープンした。運営は日本に拠点を構える台湾のデザイン事務所「BXG」。 (六本木経済新聞)

泊まれるギャラリー「NIBUNNO」外観

 自動車部品倉庫だったビルをリノベーションした同施設。館内は展示スペースや宿泊施設のほか、デザインオフィスやショップ、ラウンジで構成。各階に東京芸術大学を中心とした美術大学の学生や、台湾人アーティストなどの作品を展示するなど、アートを通じて日台の交流を図る。

 リノベーションは、日本と台湾2拠点で活動を行う建築家の虎尾亮太さん(虎尾+謝建築設計)が担当。2020年の東京オリンピック後に解体される予定で、足かけ4年の限定オープンとなる。

 同施設広報の村上晴香さんは「元倉庫を居心地の良い空間に生まれ変わらせるだけでなく、建物全体を展示スペースと見立てた空間に仕上げた」と話す。「宿泊もできる同施設に身を置くことで、アートをより身近に感じてほしい」とも。

 営業時間は11時~21時。宿泊については公式ホームページで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク