ここから本文です

岩田寛はスコア伸ばすも予選落ち コロンビアの24歳が首位タイ

6/10(土) 8:57配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<フェデックス・セントジュードクラシック 2日目◇9日◇TPCサウスウインド(7,244ヤード・パー70)>

松山英樹、全米OPは大丈夫?「練習しない方がいいのかな…」

米国男子ツアー「フェデックス・セントジュードクラシック」は第2ラウンドを終了し、トータル9アンダーとしたチェズ・リアビ(米国)、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)、チャール・シュワーツェル(南ア)が首位タイに並んで決勝ラウンドに進んだ。1打差の4位にスチュワート・シンク(米国)。トータル7アンダーの5位にベン・クレーン(米国)が続いている。

初日7オーバー149位タイと大きく出遅れた岩田寛は5バーディ・4ボギーの“69”で1つスコアを伸ばすも、トータル6オーバー132位タイで予選落ちを喫した。その他の上位勢はトータル6アンダー6位タイにレティーフ・グーセン(南ア)ら5選手。トータル5アンダー11位タイにこの日6つスコアを伸ばしたアダム・スコット(オーストラリア)、ブルックス・ケプカ(米国)らがつけている。

【2日目の順位】
1位T:チェズ・リアビ(-9)
1位T:セバスチャン・ムニョス(-9)
1位T:チャール・シュワーツェル(-9)
4位:スチュワート・シンク(-8)
5位:ベン・クレーン(-7)
6位T:マット・ジョーンズ(-6)
6位T:トレイ・ムリナックス(-6)
6位T:レティーフ・グーセン(-6)
6位T:マット・エブリー(-6)
6位T:シーマス・パワー(-6)

132位T:岩田寛(+6)他

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>