ここから本文です

【P1レポート】アロンソまたもストップ トップはハミルトン/F1カナダGP

6/10(土) 1:58配信

TopNews

2017年F1第7戦カナダGPが6月9日(金)、ジル・ビルヌーブ・サーキット(全長4.361km)で開幕。現地時間10時(日本時間23時)から行われたフリー走行1回目でメルセデスAMGのルイス・ハミルトンがトップに立った。

●【マクラーレン・ホンダ】あと2レースで決別との報道も

上空に薄く雲がかかった天候のもとで開始されたフリー走行1回目だが、インストレーションラップ中にカルロス・サインツ(トロロッソ)のクルマにトラブルが発生するというハプニングが発生してしまう。

その後、各ドライバーが最初の走行プログラムに臨み、前半はスーパーソフトタイヤで走行したメルセデスAMGのハミルトンとバルテリ・ボッタスが1-2を形成。それに最も軟らかいウルトラソフトを装着したフェラーリのキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルが続く展開となる。

セッションが後半に入るとメルセデスAMG勢もウルトラソフトに交換してのタイム計測を開始。ハミルトンとボッタスが交互にトップタイムを塗り替えていく。

マクラーレン・ホンダ勢はストフェル・バンドーンがウルトラソフトタイヤでトップ10に食い込むタイムをマークするが、2レースぶりの出走となったフェルナンド・アロンソはトータル10周は行ったものの、タイムを刻むことはなく、そのままガレージにとどまったままの状態が続く。

セッション開始から65分ほどが経過したところで、ベッテルがメルセデスAMG勢に割り込み2番手に上がる。しかし、ハミルトンも自分が出した全体ベストタイムをさらに更新し、ベッテルにコンマ2秒ほどの差をつける。

開始70分ほどのところでアロンソがやっとタイムを刻み、この時点では13番手に顔を出す。ところがその直後にアロンソのクルマにトラブルが発生。アロンソはトータル13周でカナダでの最初のセッションを終えてしまった。

セッション終盤には各ドライバーがロングランプログラムに移行したこともあり、ハミルトンがトップのままでフリー走行1回目が終了した。

カナダGPフリー走行1回目のトップ10ドライバーは次の通り。
トップはルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、2番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)、4番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、5番手セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、6番手エステバン・オコン(フォース・インディア)、7番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、8番手フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)、9番手ダニエル・リカルド(レッドブル)、10番手ダニール・クビアト(トロロッソ)。

マクラーレン・ホンダ勢は、バンドーンがトータル29周を行って11番手につけたものの、トラブルに見舞われたアロンソは13周しかできず順位は16番手で終えている。

F1モナコGPフリー走行2回目は、このあと日本時間3時から始まる。

最終更新:6/10(土) 7:29
TopNews