ここから本文です

進化した「ラブドール」女性に人気の理由 熱気が伝える「秘めた欲望」 スマホで自撮り「かわいい~」

6/11(日) 7:00配信

withnews

 東京・渋谷で6月11日まで開催中の男性向けラブドールの展覧会「今と昔の愛人形」。先月20日から開催され、入場者数は5千人を超えました。うち6割が女性だといいます。性の展示に詳しく『秘宝館という文化装置』の著書がある、東北大学准教授の妙木忍さんと会場を訪ねました。(朝日新聞文化くらし報道部記者・木村尚貴)

【画像】妊娠したラブドールの問いかけ、芸術家が「本当に訴えたかった」こと

取材のきっかけは篠山紀信さん、女性の多さに驚き

 美術担当をしている記者は4月下旬、写真家の篠山紀信さんがラブドールを撮った「LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN」の刊行会見に行きました。篠山さんは「いわゆるダッチワイフから発達した性具が、まるで一つの芸術と呼んでもよいくらいの作品にまで昇華しているというところに、面白さを感じた」と話しました。

 会見の数週間後に、ドールメーカー大手の「オリエント工業」が40周年を記念する展示を開くと聞き、実際に見てみようと足を運びました。

 そこで目にしたのは、造形の精巧さ。ドールの芸術性については、withnewsで、先輩記者が書いているので詳しくは触れませんが、記者が驚いたのは、会場の女性比率の多さです。「キワモノ好きの一部の好事家」と呼ぶのはためらうような普通の人たちです。

 ラブドールが女性の身体を商品化しているという批判は承知したうえで、それでもなお、女性にある種の価値観の変化が生まれており、それはいまを象徴しているのではないか――。この現象自体と、その理由を記事に書けないか考えました。その結果が7日の朝日新聞の記事「精巧ラブドール展 目立つ女性」でした。

 この記事で、読み解きをお願いしたのが妙木さんです。仙台市の東北大学から東京の会場に来るという妙木さんに記者が同行しました。

来場の理由「きれいだから」「メイクの勉強に」

 会場のギャラリー「アツコバルー」に向かったのは6月4日。雑居ビルの5階で、エレベーターを降りると、狭い会場には多くの人が集まっていました。男女比は6対4くらい。20~30代の若者が多い印象でした。カップルや、女性の2人組み、3人組が目立ちます。外国人もいます。

 事前に来場者に聞いたところでは、SNSや、インターネットメディア、ファッション誌などで情報を得たという人が多かったです。来場の理由については「興味があって」「面白そう」「きれいだから」「メイクの勉強になる」などの声が聞けました。

1/2ページ

最終更新:6/11(日) 7:00
withnews