ここから本文です

キュウレンジャー、10年後もヒーローでいたい!先輩たちと夢のコラボで刺激

6/10(土) 5:26配信

シネマトゥデイ

 6月11日放送予定の特撮ドラマ「宇宙戦隊キュウレンジャー」(テレビ朝日系・午前7:30~)の第18話に、宇宙刑事ギャバンtypeG/十文字撃役の石垣佑磨、そして特捜戦隊デカレンジャーのゲスト出演が決定。そこでキュウレンジャーのシシレッド/ラッキー役の岐洲匠、ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ役の山崎大輝が、石垣と共に今回のコラボを振り返った。

【写真】永遠のヒーローたちが共闘!

 悪に支配された宇宙を救うため戦うキュウレンジャー。今回放送される18話では、彼らとギャバン、デカレンジャーという歴代の二大宇宙ヒーローが共闘。岐洲が「台本をもらった時から緊張、緊張、緊張でした。でもギャバンの十文字撃には勢いがあるし、ラッキーと似た部分があるから、元気さでは絶対に負けたくないと思っていました」と語れば、山崎も「僕も普通にヒーロー雑誌なんかを見ていて、ギャバンが好きでしたからね。石垣さんとお芝居できるというのが本当にうれしくて。台本もしっかり読み込んで、現場に向かいました」と笑みを浮かべる。

 今回のエピソードは、6月17日より公開予定の映画『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』の前日譚(たん)となる。石垣は撮影前にキュウレンジャーを研究してファンになったといい、たくさんのアイデアを現場にもたらしたという。「本編のストーリーとは直接は関係ないんで、僕は外伝と言っているんですけど、出会うわけのない異世界の人間が出会うことで、化学反応が起こればいいなと思っていました。僕の意地として、キュウレンジャーの18話は本当に面白かったねと言われるような回にしたかったんです」と語る石垣の姿勢に、山崎も感激しきりで、「僕たちのここを広げたら面白いかな、共通点はこういうところがあるから、そこを広げたら面白くなるんじゃないか、という形でお芝居をしてくれて。本当に刺激になりました」と笑顔を見せた。

 一方、10年以上たってなおファンから愛されるデカレンジャーについても「本当にあこがれますよね」と語る岐洲。「『スペース・スクワッド』では、戦闘シーンでデカレンジャーのオープニング曲が流れたんですよ。あれはめちゃくちゃ感動しました。キュウレンジャーもこういう風になったらいいなと思いました」。

1/2ページ

最終更新:6/10(土) 5:26
シネマトゥデイ