ここから本文です

レノファ山口、新体制で岡山と対戦 最下位脱出に向けてリスタート /山口

6/10(土) 10:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 サッカーJ2のレノファ山口FCが6月11日、ホームスタジアム「維新百年記念公園陸上競技場」(山口市維新公園4)でファジアーノ岡山と対戦する。(山口宇部経済新聞)

取材に答えるマジョール監督

 今月5日にカルロス・アルベルト・マジョール監督が就任したレノファ。マジョール監督は、これまでレノファが積み上げてきたパスをつなぐサッカーを高く評価しており、「(スタイルを)大きく変えるつもりはない」と話す。

 副キャプテンの三幸秀稔選手は「守備でアグレッシブさを出し、ゴール前でのスピードアップも求められている。自分たちがやりたいサッカーを表現できるよう、まずはボール保持率を上げることを意識したい」と意気込む。

 現在の成績は2勝4分け11敗(勝ち点10)で順位は最下位。マジョール監督は「岡山はコンパクトなチームなので、カウンターに気を付けたい。勝利できるように取り組みたい」と話し、サポーターには「現状は絶対に変えられる。選手やフロント、スタッフを信じて応援し続けてほしい」と呼び掛ける。

 18時キックオフ。

みんなの経済新聞ネットワーク