ここから本文です

【ROAD FC】黒部vsソヒ、初代王座へ日韓女王が火花=前日計量

6/10(土) 11:19配信

イーファイト

 6月10日(土・現地時間)韓国・ソウルで開催されるMMA(総合格闘技)イベント『Xiaomi ROAD FC 039』の前日計量が、9日(金・同)に現地で行われた。

【フォト】2010年にエキシビションマッチでRENAと対戦したソヒ

 今大会のメインイベント・第6試合のROAD FC女子アトム級(-48kg)王座決定戦で、初代女王の座を争うDEEP JEWELSアトム級王者・黒部三奈(40=マスタージャパン)と元UFCファイターのハム・ソヒ(30=韓国)が計量に臨んだ。

 黒部は48.2kg、ソヒは48.4kgでそろって一発クリアー(リミットより500gまでの超過が認められている)。計量後にマイクを向けられると、黒部は「ベルトがとても綺麗ですね。明日は良い試合になると思うし、きっと私が勝ちます。ROAD FCで最初のアトム級王者になることは大きな意味があります。特別な戦略は無いですが、準備はできていますし、彼女(ソヒ)をテクニックで翻弄するつもりです。私の年齢が不利に働くことはないでしょう」と闘志をアピールした。

 対するソヒは「とても素敵なベルトですね。黒部選手が巻けるのは日本のベルト(DEEP JEWELS王座のこと)だけになるでしょう」とベルトは譲らないと対抗心を剥き出しに。さらに「勝ちたくて仕方が無いです。粘り強く戦い勝つつもりですが、私が“ハム”ダレイ・シウバと呼ばれていることも頭に置いておいて下さい」と、全盛期のヴァンダレイ・シウバのような危険な一面も見せると黒部に警告した。

 黒部は2012年12月に35歳でプロデビュー。チョークスリーパーを得意としており、これまでに12戦10勝2敗の好戦績を残している。今年2月にスギロックを破ってDEEP JEWELSアトム級王座に就いた。今大会が初の世界の舞台となる。

 一方のソヒはプロデビューからSMACKGIRLやDEEP JEWELSのリングで長年活躍した、日本にも縁の深いファイター。2013年5月にDEEP JEWELSフェザー級(-47.6kg=現在のアトム級)の王座を獲得し、2014年12月から韓国人女性として初めてUFCにも参戦した。今回は母国で迎える凱旋試合となる。

最終更新:6/10(土) 11:19
イーファイト