ここから本文です

岡山の「松下うどん」、法界院に3店舗目 初のフルサービス店でゆでたての麺を /岡山

6/10(土) 10:49配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 岡山の「松下うどん」が5月26日、3店舗目となる「法界院店」(岡山市北区北方2、TEL 086-226-4478)をオープンした。(岡山経済新聞)

松下うどん法界院店の概観

 松下うどんは2015年12月にオープンした岡ビル本店(北区野田屋町1)が1号店。2号店の市役所近く店(北区大供2)は昨年12月に開店した。

 JR法界院駅から約400メートル北東にある同店。「よこた手打ちうどん」跡に出店することが4月前半に決まり、厨房(ちゅうぼう)を一部改装して約1カ月半でオープンした。テーブル24席、座敷16席、駐車場14台分を備える。1・2号店はセルフサービス、同店はテーブルで注文するフルサービス。店長の京町文太さんは「地元のお客さまが慣れた前店の雰囲気やサービスは継承した。ダシにこだわったうどんを味わってもらえたら」と話す。

 ダシ汁に使う大羽いりこは伊吹(いぶき)島(香川県)産で無添加。化学調味料を使わない調理は、自然食品店の経験を持つオーナーの思いが込められている。ダシしょうゆは松下うどんオリジナル、昆布・いりこ・かつお節・ウルメイワシ・サバの削り節を使う。手打ちの麺は注文を受けてゆで、セルフ店よりゆで置き時間が短く、コシがあってより新鮮に提供できるという。

 定番の「かけうどん」「ぶっかけうどん」は400円~、麺とダシ汁は「あつ(温)」「ひや(冷)」をそれぞれ選べる。天ぷらは「大葉(5枚重ね揚げ)」、「ごぼ天」(以上100円)、「キスの梅しそ香揚げ」(200円)、「天ぷらの盛り合わせ」(3種350円、5種600円)が法界院店限定メニュー。「とり天」(200円)は、1・2号店とは味付けが異なる。トッピングは「きつね(油揚げ)」、「温泉たまご」、「山かけ」「とろろ昆布」(以上100円)などが選べる。

 営業時間は11時~17時ごろ。第1火曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク