ここから本文です

「登山届アプリ活用を」 静岡県、旅行会社向け説明会 都内

6/10(土) 7:45配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県は9日、富士山の開山を前に、旅行会社や登山用品店を対象にした説明会「富士山ガイダンス」を都内で開いた。遭難事故が絶えない中で、富士山への旅行者や登山用品の購入者に、安全な登山方法を周知してもらうのが狙い。噴火情報を受信できる登山届アプリ「コンパス」の活用などを呼び掛けた。

 担当者は「軽装や準備不足の登山者が相変わらず多く、道間違いも多発している」と強調し、噴火対策として登山届の提出やヘルメット持参を促すよう求めた。山小屋に宿泊せずに夜通し登る「弾丸登山」は避け、服装などの登山準備を怠らないようにするための協力を要請した。

 県警山岳救助隊の担当者も出席し、遭難が増えている実態をグラフや写真で示した。

 開山日は本県側の登山道が7月10日、山梨県側の登山道は7月1日を予定している。

静岡新聞社