ここから本文です

カルガモのひな、見守って 水戸

6/10(土) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

水戸市笠原町の県庁南側の「東池」周辺で、カルガモの親子の姿が見られる。

普段は池の周りの草むらに約10羽のひなが隠れているようだ。池に戻った親鳥が茂みに近づくと、草の根元からひょこひょことかわいらしいひなが顔を出し、親鳥の後に続いて池を泳いだり、人間を警戒してぴったりとくっついたりしていた。近くの住民から6日午後「カルガモの親子が道路を横断している。車にひかれないか心配」と茨城新聞社に電話があった。 (嘉成隆行)

茨城新聞社