ここから本文です

(耕論)歴史から見る退位 古川隆久さん、水林彪さん

6/10(土) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 天皇陛下の退位を実現する特例法が成立した。法律に基づいて天皇が生前に退位すれば、1817年の光格天皇以来、約200年ぶりになる。現憲法下で初の退位は、どんな意味を持つのか。そして、過去の長い歴史から俯瞰(ふかん)すると、どう位置づけられるのだろうか。

 ■初の民主的手順、壮大な実験 古川隆久さん(日本大学教授)
 今回の最も大きな意味は、天皇制の歴史を通じて、初めて民主的な手続きによって退位が実現するということです。
 実質的には天皇の意思によるのではないかという見方もあるでしょう。ただ私は、実質的にも民主的な範囲内で進んだと思っています。……本文:6,450文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社