ここから本文です

裏ではオラオラ系 未成年淫行の小出恵介に芸能界追放危機

6/10(土) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「朝ドラ俳優」の未成年淫行というショッキングな“事件”が明らかになった。NHKの連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(2012年)をはじめ、ドラマ「ROOKIES」(08年)や映画「シン・ゴジラ」(16年)など、多数の作品に出演していた人気俳優の小出恵介(33)が、17歳の女子高生と飲酒した上、肉体関係を持ったと発売中のフライデーが報じ、大騒動になっている。

 同誌は、被害者本人の証言をもとに当日の詳細を写真付きで掲載。今年5月、小出は自身が主演を務めるNHKの土曜ドラマ「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」の撮影で滞在していた大阪で、ミナミのバーを2軒はしごした後、女性を宿泊先のホテルへ連れ込み、肉体関係を強要。嫌がる女性を相手に5回にわたって行為に及び、避妊もしなかったというから鬼畜の所業だ。

 この記事を受け、所属事務所のアミューズは8日、小出の無期限活動停止を発表。畠中達郎社長が〈未成年の方と飲酒及び不適切な関係を持ったことは事実と確認できました〉、本人も〈弁解の余地はございません〉などと謝罪のコメントを発表する事態となっている。

 各方面への影響は甚大だ。NHKは、今週10日にスタート予定だったドラマ「神様から――」(全6回)は放送中止と発表。来月7日からNETFLIXで配信予定の明石家さんま企画・プロデュースのドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマな話~」にも、主要キャストとして名を連ねており、今後の対応は「現在協議中」(宣伝担当者)というが、予定通りの配信は極めて困難な状況だ。

 企業のコマーシャルにも起用されている。女優の多部未華子(28)とともに森永乳業のコーヒー飲料「マウントレーニア」のテレビCMに出演していたが、小出の所属事務所の発表をもって、「同商品の広報活動は停止いたします。契約内容の詳細については差し控えますが、今後、契約解消になる見込みです」(森永乳業広報部)。タレントの不祥事が原因となれば、損害賠償金は億単位になるだろう。

■口癖は「イチ俳優では終わらない」

 慶大在学中にデビューした小出は、芸歴14年。事件や不祥事が命取りになるのは重々承知していたはずだが、その欲望はどうにも抑えられなかったのか。近しい人物はこう語る。

「小出くんは爽やか青年イメージとは違ってプライベートではオラオラで野心むき出し。“オレはイチ俳優では終わらない”が口癖で、将来は映画監督をやりたいとも語っていました。それでも年齢的に33歳と、俳優としては中堅に差し掛かり、後輩が続々と自分を追い抜いていく中で焦りがあったのかもしれません」

 女性が今後、準強姦罪で訴える可能性もあり、俳優生命の危機を迎えた小出。驕りと焦りが生んだ自業自得の事件である。