ここから本文です

二俣小児童 鐘突き再現 本田宗一郎氏実話基に 浜松・天竜区

6/10(土) 8:18配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 時の記念日(6月10日)を前に、浜松市天竜区二俣町の市立二俣小の1年生46人が9日、同町の清瀧寺で鐘を突いた。旧二俣尋常高等小学校出身のホンダ創業者、本田宗一郎氏の幼少時の実話を再現し、時間の大切さを学んだ。

 本田氏は少年時代、昼食を早く食べたいがために授業を抜け出し、正午を知らせる同寺の鐘を正午前に突き、持っていた弁当を食べたという。少年時代の本田氏を装った浴衣姿の児童2人が正午前、力いっぱい鐘を突いて境内でおにぎりをほおばった。

 鐘突きの再現は、本田氏の顕彰活動に取り組む「ポンポンCLUB浜松」(宮地武夫代表)が企画し、10年以上前から行っている。

 メンバーが郷土の偉人である本田氏のエピソードを語り、大道芸なども披露して児童を楽しませた。

静岡新聞社