ここから本文です

加藤和樹 全国ツアー『pop'n splash!-』を完走、“ネクストステージ”へ

6/10(土) 23:15配信

エキサイトミュージック

加藤和樹の全国ツアー『Kazuki Kato Live“GIG” TOUR 2017-pop'n splash!-』が、本日6月10日(土)神戸SLOPEにてツアーファイナルを迎えた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

昨年、デビュー10周年を記念した『Kazuki Kato 10th Anniversary Special Live“GIG”2017~Laugh&Peace~』を終えてから初のツアーとなり、加藤自身も新たな気持ちで挑んだ『Live “GIG” TOUR 2017-pop'n splash!-』。今回は、スタンディングスタイルの“ライブハウス公演”と、全席指定の“ZEPP公演”の2つのライブスタイルで構成され、会場の雰囲気を活かした異なるセットリストで敢行された。

ライブハウス公演では、加藤と観客の距離がより近い“接近戦”。夏を先取りするかのような熱気に包まれ披露するロックナンバー、クールダウンしながらしっとりと歌うバラード、そして客席とのコール&レスポンス。初日からすでに完成されたような雰囲気に、「今日ツアーファイナルじゃないよね!?」と加藤が問いかけるほどの一体感を感じるライブとなった。

一方ZEPP公演では、「自分が関わったミュージカルの楽曲やアニメのキャラソンなどもやります!」とファンに約束したとおり、“俳優”そして“声優”としても活躍の場を広げる加藤のスペシャル企画が織り込まれた。普段ライブでは披露されることのないアニメCVのキャラクターソングとしてアニメ『B-project』(愛染健十)の「LOVE IN SECRET × SEXY NIGHT」や、アニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』(桔梗)の「狂気の花」、ミュージカル『テニスの王子様』(跡部景吾)より「Flaming Ice」等を披露。

また、この2~3年で頭角をあらわしてきたミュージカルソングでは、自身が帝国劇場で初主演を務めた『1789』の「サイラモナムール」や今年上演され話題になったミュージカル『フランケンシュタイン』の「きみの夢の中で」を披露すると、ライブ会場の空気が一変、まるでミュージカルを観劇しているかのように静まり返ると、壮大な世界観に引き込まれていった。

後半は怒涛のようなノンストップROCKナンバーの連続。動きまくり、走りまくり、水をかけまくり、締めくくりはZEPPならではの“バク宙”で締めるなど加藤和樹ワールド全開、ファンも大満足するライブとなった。

またツアー初日に発表された10月ミニアルバム発売のニュース。各会場でもリリースに先駆け、収録予定の新曲が披露され、久々のロックナンバーに“待ってました!”と言わんばかりの盛り上がりをみせ、加藤和樹の“ネクストステージ”に会場の期待が膨らむなか全国ツアーの幕を閉じた。