ここから本文です

サンパオリ監督初陣のアルゼンチン、ブラジルに白星 ジェズスは心配なし/国際親善試合

6/10(土) 12:36配信

ISM

 アルゼンチンとブラジルが9日にオーストラリアで国際親善試合に臨み、アルゼンチンが1対0で勝利。サンパオリ新監督の初陣を白星で飾った。なお、この試合ではブラジルFWジェズスが負傷退場しているが、チーム側は問題ないと述べている。

 最新のFIFA(国際サッカー連盟)ワールドランキングで1位につけるブラジルと、2位につけるアルゼンチンの一戦は、前半終了間際にDFメルカドが奪ったゴールを守り切り、アルゼンチンが勝利した。チッチ監督就任から1年間無敗を誇ってきたブラジルにとっては、久々の黒星となった。

 なお、この試合では終了間際にジェズスがオタメンディと接触。相手の肘が顔面に入り倒れ込んだジェズスは一時意識を失い、ストレッチャーで運ばれた。チッチ監督は同選手が13日に行なわれるオーストラリアとの親善試合に出場できない可能性があると懸念していたが、チームコーディネーターのエドゥ氏は、同選手について大丈夫とコメントしている。

 エドゥ氏はオーストラリアAP通信に対し「医師と話したが問題ないと言われた。(顎の)骨折があるかどうか検査を受けたが、大丈夫だった」と述べている。(STATS-AP)

最終更新:6/10(土) 12:36
ISM