ここから本文です

「黄金の実」収穫 掛川特産トウモロコシ

6/10(土) 8:20配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 掛川市南部の特産トウモロコシ「ゴールドラッシュ」の収穫が10日から本格化する。名前通り黄金のような粒の色と甘み、軟らかい食感が特徴で、地温が高い砂地で栽培するため他地域より生育が早い。同市大渕の物産センター「サンサンファーム」で10~11日に行う特売会を幕開けに、7月上旬まで連日朝取りの実を販売する。

 砂浜だった沿岸の畑を中心に20人ほどの農家が年間約6万本を生産している。砂地で育てる分、頻繁な水やりと施肥が必要だが、日光を十分に浴びて甘さが乗り、糖度は18~19度。表皮が軟らかく生でも食べられる。

 同市大渕の松本静男さん(70)の畑では、早期出荷分の実が既にみずみずしく熟している。松本さんは「今年は気温が上がらず生育が遅れたが、出来はいい」と胸を張った。

静岡新聞社