ここから本文です

C・ロナウドが全得点に絡む活躍でポルトガル勝利 アンドラは歴史的白星/W杯欧州予選

6/10(土) 13:38配信

ISM

 2018年W杯欧州予選は現地時間9日に各地で第6節の試合が行なわれ、グループBでは2位ポルトガルが5位ラトヴィアに3対0で完勝。好調のクリスティアーノ・ロナウドが2ゴール1アシストをマークしている。

 首位スイスを勝ち点3差で追うポルトガルは41分、ゴール前での攻防から最後はC・ロナウドが頭でネットを揺らす。C・ロナウドは続く63分にもゴールを挙げると、その4分後にはアンドレ・シウヴァのダメ押し弾をお膳立て。前週のチャンピオンズリーグで2得点を挙げたC・ロナウドが全得点に絡む活躍で、好調さを見せつけた。

 スイスは4位フェロー諸島と対戦し、ジャカとシャキリのゴールで2対0と完勝。今予選6戦全勝とし、ポルトガルとの3差をキープした。欧州予選では各グループの首位が無条件で出場権を獲得するが、ポルトガルDFフォンテは「現段階で、スイスのことは考えていない。僕らは自分たちの仕事を続けていくだけだ」とコメント。最終節の直接対決まで、やれることをやるだけだと述べている。

 最下位アンドラは3位ハンガリーに1対0で勝利し、公式戦66試合未勝利という不名誉な記録にピリオドを打った。同チームにとって、W杯予選での勝利は実に13年ぶり。レベが26分に挙げたゴールを守り切って、ついに白星を掴み取った。(STATS-AP)

最終更新:6/10(土) 13:38
ISM