ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】9月までに勝てればチームに残るというアロンソ、加入を歓迎するヒュルケンベルグ

6/10(土) 21:58配信

TopNews

マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、9月までに優勝できるならチームに残留すると語っている。

F1に復帰したホンダと共にマクラーレンで3年目を迎えているアロンソは、今年で契約が切れるため、その去就が注目されている。

■アロンソが提示した残留の条件

F1カナダGP(11日決勝)の木曜記者会見で、マクラーレン残留を決断するには何を変える必要があるかと聞かれて、アロンソは次のように答えた。

「僕たちは勝たなきゃいけない。もし9月までに優勝するとかそういったことがあれば、僕は決断を下して、チームにとどまる」

上位争いにも加われていない現状からすると、この条件を満たす可能性はほとんどないと言える。

■アロンソの加入を歓迎するヒュルケンベルグ

アロンソの移籍先としては、かつて2度チャンピオンになった古巣のルノーが候補に上がっている。

ルノーに関しては、チームメートのニコ・ヒュルケンベルグに対して不振の目立つジョリオン・パーマーが、今年でシートを失うといううわさもある。

アロンソが移籍してくる可能性について聞かれたヒュルケンベルグは、次のように語った。『Speedweek(スピードウィーク)』が伝えている。

「そうなったら素晴らしいと思う」

「チームにとってだけじゃなく、僕にとっても、世界最高のドライバーの一人と戦えるとしたら素晴らしいことだ」

「彼からたくさん学べるだろうし、フェルナンドの存在がルノーのプロジェクトにとって大きな後押しになるのは間違いないよ」

■インディ500での活躍はF1ドライバーのレベルが高い証拠

また、モナコGPを欠場して参戦したインディ500でアロンソが優勝争いにからむ活躍を見せたことをヒュルケンベルグはたたえている。

「インディでのアロンソや、僕がポルシェでル・マンに挑戦したことは、F1ドライバーのレベルがすごく高いことを示すいい例だと思う」

最終更新:6/10(土) 21:58
TopNews