ここから本文です

9連敗ヤクルト自力V消滅…まだ続く交流戦未勝利

6/10(土) 14:15配信

東スポWeb

 お友達だと思っていた巨人にも裏切られた。ヤクルトは9日のロッテ戦(ZOZOマリン)に1―6で敗れ、今季ワーストを更新する9連敗。12球団で唯一、交流戦未勝利と泥沼にハマり込んでいる。首位の広島が勝利したことで自力優勝の可能性も消滅。真中監督は「これだけ負けたら自力もへったくれもない」と嘆くしかなかった。

 ミス、ミス、ミスでの負けだった。初回に一死一、二塁からパラデスの何でもないゴロ(記録は内野安打)を一塁手のグリーンが悪送球。あっさり先制点を献上し、リズムが狂った先発の原樹は直後に鈴木の3ランを被弾した。6回には田村のセーフティー気味のバントを三塁手・藤井が悪送球。無死二塁で迎えたサントスのバント処理では、2番手の中沢がマウンド前で尻もち。こちらは失点にはつながらなかったが、三木ヘッドコーチは「これでは厳しいよね」と言い「みんな勝ちたいと思ってやってるんだけどね。どうやったら勝てるん?」と“お手上げ”と言わんばかりだ。

 主砲バレンティンが右太もも裏内側の軽度の肉離れで離脱し、復帰時期は未定。昨年、史上初の2年連続トリプルスリーを達成した山田の状態も上がってこない。このままでは最下位街道独り旅となりかねない状況だ。

最終更新:6/10(土) 14:15
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 11:20