ここから本文です

国際陶芸フェス11月23日開幕 島田・笹間地区

6/10(土) 8:33配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 島田市川根町の笹間地区で2年に1度開催される「国際陶芸フェスティバル」の実行委員会は8日夜、イベント主会場となる同地区の山村都市交流センターささまで会合を開き、第4回フェスの日程を11月23日からの4日間に決めた。各部会の代表者ら約25人がイベント内容などについて話し合った。

 これまでは計3日間の日程だったが、今回は1日増。前半2日間は招待作家や一般陶芸家を対象とした交流会や専門的な勉強会を開き、後半は一般の観光客らを対象に作品の展示販売、特産品販売などのブースを設ける。

 事務局によると、過去のフェスティバルに参加した作家から「自分のブースを運営するだけでなく、他の作家と交流する時間が欲しい」という要望があったためという。

 第4回のテーマは「Let’s go together(レッツゴー トゥギャザー)」に決定し、陶芸家や住民が一体となったイベントを目指すことも確認した。現時点で過去最多18カ国から60人以上の陶芸家が集まる予定で、国内では本県以外に1都10県の作家から応募があったという。

 事務局は、創作過程を楽しみながら見てもらう「陶芸ライブパフォーマンス」や「陶芸とダンスのコラボレーション」などの企画を検討していることも報告した。

静岡新聞社