ここから本文です

サウスゲート、ケインを代表主将に指名...今後も数選手を主将に任命する考え

6/10(土) 20:21配信

GOAL

トッテナムのハリー・ケインが、ワールドカップ予選のスコットランド戦でキャプテンマークを巻くことが分かった。

今シーズン29ゴールをマークし、2シーズン連続でゴールデンブーツに輝いたケインは、イングランド代表として18試合目で初めてアームバンドを巻くことが決定した。ウェイン・ルーニー、ジョー・ハート、ジョーダン・ヘンダーソンがガレス・サウスゲート監督が就任して以降、キャプテンを務めていたものの、同指揮官は今後も何人かの選手をキャプテンに任命する考えを持っているようだ。

サウスゲート監督は会見で「ハリー・ケインは土曜日にキャプテンを務める。リーダーシップをみんなで共有したいと思っている。これはとても重要なことだ。このチームにはリーダーがいないと言われ続けているが、実際はそうではない」とリーダーに関する持論を展開した。

続けて「誰にでもチームを引っ張る機会を与えることが大切だと思っている。ハリーはこの機会を与えようとしていた選手の1人だ。彼はとても喜んでいる。これは選手やその家族にとって非常に名誉なことだと思う。彼はシーズン終盤にとても良いプレーをしていた。ハリーは常に自信を持ってプレーしている。初めてU-21で会った時からその姿勢は変わらない」とリーグ得点王を称賛し、キャプテンになれるだけの素質があると語っている。

GOAL

最終更新:6/10(土) 20:21
GOAL