ここから本文です

【阪神】糸井、負傷交代!完封負けの虎に追い打ち

6/10(土) 7:04配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク3―0阪神(9日・福岡ヤフオクドーム)

 今季3度目の完封負けを喫した虎に、アクシデントが追い打ちをかけた。先頭の6回。糸井がバンデンハークからこの日、2本目のヒットを中前に運んだ後、左足を引きずるように一塁へ向かった。代走・新井が送られ、無念の負傷交代。7回の攻撃中には球場を後にし、病院に直行した。診断結果は発表されなかったが、アイシングを施していた左太もも裏を痛めたもようだ。

 金本監督は「まあ、病院に行ってどうか。おそらく(二盗の時)でしょう。だんだんきつくなっていたみたいだから、ひどくなる前に代えた」と、大事を取って交代させたことを強調した。初回に中前安打を放った後、続く上本の打席で二盗を決めた。その際に患部に衝撃が走ったようだ。

 10日のソフトバンク戦(ヤフオクD)の出場は未定。出場選手登録の抹消や欠場となれば大ピンチだ。打線はバンデンハークに6回3安打、9三振でゼロ封されるなど、今季チームワースト14三振を喫した。指揮官は「去年から言っているけど速い球を捉えきれない。それが一番じゃないですか」と嘆くしかなかった。

 交流戦の折り返しが黒星発進となり、首位・広島とは3ゲーム差に開いた。ここまで3カードは勝ち越してきたが、ソフトバンク、西武、楽天とパ・リーグ上位球団が続く残り試合は、まさに正念場だ。難敵相手に糸井不在の試練が重なれば、苦しい戦いを強いられてしまう。(表 洋介)

最終更新:6/10(土) 8:18
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 16:15