ここから本文です

【イベントレポ】「SF9」、日本メジャーデビューシングル「Fanfare」を引っさげ本格始動! 「日本で大きくファンファーレを鳴り響かせたい」

6/10(土) 20:49配信

WoW!Korea

6月7日(水)にワーナーミュージック・ジャパンより、1stシングル「Fanfare」で日本メジャーデビューを果たした、いま最も注目の9人組ダンスボーイズグループ「SF9」(エスエフナイン)が、6月6日(火)東京・お台場ヴィーナスフォートにて、「Fanfare」発売記念イベントを開催。ミニライブとトークで、日本デビュー前夜をファンと盛り上げた。

SF9のプロフィールと写真

 韓国で、約2か月にわたる2ndミニアルバム「Breaking Sensation」の活動を終えたばかりの彼らが、いよいよ日本でも本格的に始動! 「SF9」が日本で観覧無料のイベントを実施するのは初めてということに加え、日本デビューに先駆け、ことし4月に行われた初のショーケースには、キャパに対して10倍以上の応募が殺到するほど、すでに日本でも人気上昇中なだけに、彼らの晴れ舞台を一目見ようと、会場には大勢のファンが詰め掛けた。

 司会の古家正亨に呼び込まれ、ステージ中央から「SF9」のメンバーたちが登場。メジャーデビュー曲「Fanfare-Japanese ver.-」で、9人が息ぴったりのキレキレのパフォーマンスや“Fanfareダンス”を披露すると、会場は熱気であふれかえった。

 ダウォンは「すごくアツイです。気分がいいですね」と興奮気味に話し、テヤンも「とてもたくさんの方が来てくれて感動しています。この後のステージも頑張ります! 」と声を弾ませた。

 そして、自己紹介へ。「190cm。彫刻プリンス、ボーカル担当のロウンです」、「こんばんは。ツンツン、デレデレ、ツンデレ、セクシーなカリスマラッパー、ジュホです」、「皆さんこんばんは。パワフルなダンスとボーカルのテヤンです」、「皆さん、こんばんは。僕はキュートな末っ子、ラッパーのチャニです」、「皆さん、こんばんは。僕は笑顔120%のリーダー、ヨンビンです」、「こんばんは。僕は猫大好きフィヨンです」、「こんばんは。毎日毎日セクシーなダウォンです」、「こんばんは。優しいハニーボイスのジェユンです」、「こんばんは。愛嬌満点のイケメン・ブレイン、ボーカル担当インソンです」と個性あふれるあいさつをし、ファンの大きな歓声で迎えられた。

 そして、ロウンは「メンバーが9人いて、9人の持つ魅力がそれぞれ違います。7色が集まって美しい虹ができるように、僕たちもそれぞれが持つカラーも美しいんですが、それが一つになったとき、さらにいろいろな形の魅力を見せられるグループじゃないかなと思います」と「SF9」の魅力を紹介した。

 いよいよ翌日に迫った日本メジャーデビュー。いまの心境を聞かれたヨンビンは「待ちに待った瞬間です。こんなにたくさんの方が僕たちに会いに来て、応援してくれているので緊張して、ドキドキしているんですが、日本で大きくファンファーレを鳴り響かせることができるように、ベストを尽くして、ステージに臨みたいです」と力を込めた。

 2016年10月に韓国でデビューしてから1年も経たずに、日本デビューとなったが、日本デビューの話を聞いたとき、インソンは「美しい日本のファンの皆さんの前で、ステージをお見せできると思うと、とても興奮してきて、ワクワクしました」と話し、早く日本のファンに会いに行きたいという気持ちになったとか。

 今後の日本での活動でやりたいこと、目標についてはジュユンが「たくさんのライブで、皆さんと楽しい時間を過ごすのが一つ目の目標で、二つ目はもっと日本語の勉強をして、皆さんと積極的にコミュニケーションがとれるようになりたいです。そして、最後に『SF9』の曲を聴いたときすぐに、“あっ、『SF9』だ”って分かってもらえるグループになれるよう頑張って、『SF9』ならではの魅力を見せていきたいです」と意気込むと、司会の古家が「舞台裏ではメンバーたちが、本当に一生懸命日本語の勉強をしているんですよ」とファンのため、陰ながら努力しているメンバーたちの一面を明かした。

 また、日本初の単独公演「SF9 1st Concert in Japan "Fanfare"」を8月2日(水)大阪、8月4日(金)東京で開催することが決定している「SF9」。フィヨンは「すごくうれしいです! 日本のファンの皆さんとコンサートで会えるので、全力で頑張るつもりだし、ステージで思い切り楽しめるよう、しっかり準備していきたいと思います」と目を輝かせた。

 ちなみに、メジャーデビュー日の7日には、LINE LIVEで特別番組「日本デビュー記念! 『SF9』と一緒に気持ちいいこと、はじめようか」を生放送することについても触れ、チャニが「内容はヒミツです(笑)。ぜひ見てください~」とPRした。

 続いて、メディア向けのフォトセッションとなり、客席をバックに写真撮影。メンバーたちが「Fanfareポーズ」をカッコよく決める中、ロウンがくしゃみを連発。マイクを付けていたため、くしゃみの音が会場中に響き渡ったため、ファンも思わずクスッとし、和やかムードに包まれた。

 さらに、会場のファンも1分だけ撮影ができるフォトタイムが設けられ、メンバーたちは指ハートを作ったり、手を振ったり、メンバー同士でじゃれあったりと愛嬌たっぷりにファンサービスをし、ファンを喜ばせた。

 ここからは再びライブで、日本デビューシングルの収録曲を届けたSF9。冒頭の水車ダンスがインパクト大の「K.O. -Japanese ver.-」と、ダイナミックなパフォーマンスの「ROAR -Japanese ver.-」を立て続けに披露。ファンの大声援を受け、ステージを所狭しと駆け回りながら、熱量に満ちたパフォーマンスで魅せ、ファンの目と耳を魅了した。

 この日のライブパフォーマンスは3曲だったが、華やかなビジュアル、一体感のあるアグレッシブなライブパフォーマンスなど、彼らの魅了を十分に堪能できる時間となり、その勢いを改めて肌で感じた。

 ライブが終わり、息を整えながら、ファンに手を振るメンバーたち。ダウォンが「きょう来てくれて本当にありがとうございました! 楽しかったですか? 」と客席に呼び掛け、楽しかったという反応が返ってくると、「あ~、うれしいです。8月には僕たちの1stライブが決定していますので、皆さん、ぜひ来てください! また、この後握手会で会いましょう」と締めくくり、笑顔でステージを後にした。

 イベント後、CD購入者との個別握手会も行い、ファンとより近くで触れ合った「SF9」。「Fanfare」発売記念イベントはこの後、9日(金)愛知・ナディアパーク、10日(土)神奈川・ラゾーナ川崎、11日(日)大阪・あべのキューズモールでも開催。さらに、日本での単独公演「SF9 1st Concert in Japan "Fanfare"」は8月2日(水)大阪、8月4日(金)東京で開催される。

 くしくも、6月7日という日は、所属事務所FNCエンターテインメントの先輩である「FTISLAND」が、10年前の2007年に韓国デビューした日。そんな記念すべき日に、日本でデビューを飾り、新たな第一歩を踏み始めた彼らがどのような活躍を繰り広げるのか、目が離せない。

最終更新:6/10(土) 20:51
WoW!Korea