ここから本文です

G連敗脱出で由伸監督の“粗塩対応”も復活

6/10(土) 14:15配信

東スポWeb

<巨人2-1日本ハム(9日)>連敗ストップで“ウルフ会見”も復活だ。交流戦初の勝利を見届けた巨人の高橋由伸監督は「1つ勝つのは大変だというところですよね」と穏やかな表情で心境を語った。

 ところが、白星から遠ざかっていた約2週間は選手にとって成長につながる期間になったのではないかと問われると途端にムスッ。真顔でにらみを利かせて「そう?(連敗は)ないほうがいいんじゃない」。

 監督自身にとってはどんな期間だったかと続けられても、お涙はない。「全くいいことないでしょ。だって、勝ってないんだから」とクールに言い放った。

 最後は「勝っても負けても次の日は大事だけれど、負け続けている中で1つ勝ったので、これで流れが変わってくれれば」と締めた。苦しいチーム状況に変わりはないが、“粗塩対応”は青年監督の心の火が燃え盛っている証しでもある。北の大地から、巨人奇跡の反攻となるか。

最終更新:6/10(土) 14:15
東スポWeb