ここから本文です

仮想通貨バブル アキバに影響

6/10(土) 14:04配信

ITmedia PC USER

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で目立っているのは、Radeon RX470緊急入荷のPOPだ。ASUSTeKの「ROG STRIX-RX470-O4G-GAMING」(税込み2万1980円)をはじめ、玄人志向やHIS、PowerColorのカードが「最終入荷!?」の文字とともに用意されている。

【ハイエンドGPUが枯渇】

 同店は「RX580/570が世界中で枯渇しているので、ならば旧世代をというニーズも高まっているんですよね。今回はそれなりの数量が入荷できましたが、POPにあるとおり、次も同じようにいくとは思っていません」と語る。

 実際、秋葉原を回ってもRadeon RX580/570カードの在庫は、ごくわずかしか確認できなかった。4月の販売開始から1カ月半後の突然の動きの理由は、ビットコインの急騰だと各ショップが口をそろえる。

 ドスパラ パーツ館は「もともとRadeon RX上位は仮想通貨のマイニングに向いていると言われていて、それ目的で購入する方はちょくちょくいらしたんですが、5月末に1ビットコインが30万円を突破したころから急増したんですよ。いま残っているのは、8ピンの補助電源が2つ必要な強OCタイプだけです。この用途だと電気代がかかるのは避けたいですから」と明かす。

 両GPUが売り切れたというパソコンSHOPアークも「マイニング目的だと複数枚挿しで使うために2~3枚買われていく方が多くて、減りがすごく早いです。世界中で人気なので代理店にもストックがなく、次回入荷は未定です」と話す。

 なお、同店は6月9日からビットコインとMonaCoinで買い物ができるようになった。テックビューロの支払いサービス「Zaif Payment」を利用することで決済する仕組みだ。店舗もWeb通販も同様。

 アキバの自作街は今後も様々な方面から仮想通貨の影響を受けていきそうだ。

●コルセアMP500 240GBが1万8990円! WD Blue 4TBが9980円!

 週末特価はストレージ関連で値ごろ感の高いものが複数みつかる。

 パソコンSHOPアークではWDの2.5インチSSD「WD Green」の240GBモデルが税込み9780円、120GBモデルが同5990円となるほか、コルセアのM.2 NVMe SSD「CSSD-F240GBMP500」が同1万8990円で買える。「(フラッシュ系パーツの値上がり傾向は)前とそんなに変わらないですが、スポットでお得感の高いものはいくぶんか見つかるようになっていますよね」と話していた。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店では、Plextorのヒートスプレッダ付きM.2 NVMe SSD「M8Pe-08」シリーズの1TBタイプが税込み4万2980円で週末特価に登場。以前から目立っている256GBタイプ(同1万4980円)とともに注目を集めそうだ。

 そのほか、3.5インチHDDではWDとの協賛イベントと連動して、「WD Blue」の4TBモデルを同9980円、3TBモデルを同6980円で売り出す。

最終更新:6/10(土) 14:04
ITmedia PC USER

Yahoo!ニュースからのお知らせ