ここから本文です

ネットとコンビニ 富士山入山料を受け付け 協力者には缶バッジ

6/10(土) 9:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県は9日までに、富士山登山の入山料(保全協力金、登山者1人につき千円)のインターネットとコンビニエンスストアでの受け付けを始めた。ともに9月10日まで。現地受け付けは7月10日から富士宮、御殿場、須走の各登山口の5合目と水ケ塚駐車場で行う。協力者には富士山をデザインした缶バッジを贈る。

 入山料は5合目から山頂を目指す登山者が対象。集まった協力金は山小屋トイレの改修や8合目の救護所「富士山衛生センター」の開設など、環境保全や安全対策に充てる。

 インターネットは県世界遺産富士山公式サイト「富士山とことんガイド」からアクセスしクレジットカードで決済する。コンビニはセブン-イレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルK、サンクスで対応する。店内に設置した端末で申し込み、店舗カウンターで現金支払いまたはクレジットカード決済しチケットを受け取る。

 缶バッジのデザインは毎年変更し、今年は歌川広重の「六十余州名所図会 駿河三保のまつ原」(国立国会図書館蔵)。登山口によって縁の色が異なり、登山しない人向けの寄付金用もある。缶バッジの受け取りは、インターネット申し込みの場合は郵送、コンビニの場合は現地または郵送になる。

静岡新聞社