ここから本文です

ジョーカーから脱皮 決勝弾のFW横山はなでしこの新救世主

6/10(土) 12:20配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 4月9日のコスタリカ戦(熊本)から2カ月。

 欧州遠征中のなでしこジャパンが、オランダと対戦(日本時間10日午前1時半開始)し、1―0で勝利を収めた。値千金の決勝ゴールを決めたのは、ここのところ、なでしこジャパンの救世主となっている長野FW横山久美だ。

 59分にピッチに送り出された横山は、いきなりFKを任される。これは惜しくもゴールには至らなかったものの、その2分後、ドリブルから豪快に右足を振り抜いた。

「ここ(オランダ)にきてシュート練習もパーフェクトだったので、そのまま勢いに乗れた」(横山)と、イメージ通りの一発だった。

 ほんの2年前まで、90分間走り切る体力を持ち合わせていなかった。なでしこ入りを果たしたことで弱点は際立ち、重く横山にのしかかった。彼女に90分間を任されることはなく、与えられたのは“ジョーカー”としての役割だった。それでも悔しさを奥底に追いやり、結果を残し続けた。自分自身に「それしかない」といい聞かせるように口にし、苦手な走力アップに懸命に取り組んだ。その成果が表れ始めた今シーズンは、代表でも6ゴールを叩き出すまでになった。

 まさに成長株筆頭の横山。7月にはドイツのブンデスリーガ1部フランクフルトでの挑戦を控えている。23歳のなでしこジャパンエース候補の武者修行にも注目したい。

 (写真・文=早草紀子)