ここから本文です

陸上=ボルト、引退後は地元で「後継選手の育成に貢献したい」

6/10(土) 13:28配信

ロイター

[キングストン(ジャマイカ) 9日 ロイター] - 陸上競技男子短距離の五輪金メダリスト、ウサイン・ボルト(30、ジャマイカ)は、母国での最後のレースを10日に控え、引退後は後継選手の育成に貢献したいと意欲を示した。

8月の世界選手権を最後に現役を引退すると表明しているボルトは、その後はチャリティ活動を行いつつ、レーサーズ・トラック・クラブの一員として指導に当たることをグレン・ミルズ・コーチに約束したと述べた。

ボルトはロイターに対し、「コーチを引き継ぐよう言われたがそれはない。しかしクラブとミルズ・コーチが好きなので可能な限り力になりたい」とコメントした。

政界進出の可能性については「もう何年も政治には興味がないと言ってきた。政治からはできる限り遠いところにいたい」と、きっぱり否定した。

最終更新:6/10(土) 13:28
ロイター