ここから本文です

富士山の雲観測 阿部正直を紹介 静岡で企画展

6/10(土) 10:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市駿河区大谷のふじのくに地球環境史ミュージアムで8月13日まで、企画展「雲の伯爵―富士山と向き合う阿部正直」が開かれている。昭和初期に富士山周辺に発生する山雲を観測した伯爵阿部正直(1891~1966年)の功績を紹介している。

 阿部が28~41年にかけて御殿場市の研究所などで行った観測の資料のうち、東京大に寄贈された富士山と雲の記録写真や映像、機材など約100点が並ぶ。つるし雲やかさ雲など富士山周辺で見られる特徴的な雲を捉えた写真や、独自に考案した日照計、雲ができる仕組みを解明するために模型を使って行った風洞実験の様子なども解説している。

 企画展は同ミュージアムと東京大総合研究博物館の主催。期間中の7月16日と8月6日には企画展に合わせた講演会を開く。

 問い合わせは同ミュージアム<電054(260)7111>へ。

静岡新聞社