ここから本文です

モウリーニョ「私はいつも“ビッグ・トラブル“を抱えるチームを率いてきた」

6/10(土) 23:00配信

GOAL

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がポルトガル『エスプレッソ』とのインタビューに応じ、自身が勝者の看板を下ろしたビッグチームばかりを率いてきたとの見解を示した。

モウリーニョ監督は母国メディアとのインタビューで、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドを率いるという決断が「危ういもの」であったとコメント。その理由については、次のように説明している。

「私が選ぶチームは“ビッグ・トラブル“を抱えていた。彼らは勝利を望んでいるにもかかわらず、その勝利とは何千キロも離れている場所にいた」

「レアル・マドリーのキャプテン(DFセルヒオ・ラモス)は、先にチャンピオンズリーグ(CL)のトロフィーを掲げた。それを掲げるのは3回目のことだが、私があのクラブに到着した2010年の段階では、CLの準々決勝で一度もプレーしたことがなかったんだよ」

モウリーニョ監督はまた、ユナイテッドの選手たちについて「ファーガソン時代からいる古株以外は勝利の意味を知らない」と発言。そして監督の役割がフットボールを教えるのではなく「考えることを教える」として、「何よりも重要なのはアイデアであり、考え方は何通りもある」と論じている。

GOAL

最終更新:6/10(土) 23:00
GOAL