ここから本文です

【W杯アジア最終予選】日本ピンチ!?長友離脱危機

6/10(土) 16:46配信

東スポWeb

【イラン・テヘラン9日発】ロシアW杯アジア最終予選イラク戦(13日)に臨む日本代表は決戦地入りし、気温35度、湿度10%という気候の中で再始動したが、ベテランDF長友佑都(30=インテル)が練習中に右内転筋を痛めるアクシデントに見舞われた。

 長友はランニング中に違和感を感じ、すぐにバヒド・ハリルホジッチ監督(65)に報告。何度か体をねじったり、腰を回すようなしぐさを見せながら状態を説明すると、そのままロッカーへ引き揚げた。この日、長友は取材対応しなかったが、チームの広報担当者によると、右内転筋に張りがあり、練習を途中で切り上げたという。

 すでにハリルジャパンでは10番を背負うMF香川真司(28=ドルトムント)が左肩関節前方脱臼で離脱。MF山口蛍(26=C大阪)も右下腿痛で別メニュー調整が続く。他にもFW乾貴士(29=エイバル)やDF吉田麻也(28=サウサンプトン)、DF酒井宏樹(27=マルセイユ)、FW浅野拓磨(22=シュツットガルト)とケガを抱えている選手は多い。

 長友は今季は所属するインテル(イタリア)で出番を失っていたもののシーズン終盤はコンスタントにプレー。7日のキリンチャレンジカップ・シリア戦では同点ゴールをアシストする活躍を見せたばかり。左サイドでコンビを組んだFW原口元気(26=ヘルタ)は「誰が出ても問題ない」と話したが、離脱となれば大きな痛手となる。

 ハリルホジッチ監督は練習後に「晴れていていいじゃないですか。日本に帰ったら地中海に行ってきたと言ってください」と報道陣に冗談を飛ばしながら帰路に就いたが、長年代表をけん引してきた“日本のダイナモ”とあって大一番を目前に控えるチームに嫌なムードが漂っている。

最終更新:6/10(土) 16:46
東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1