ここから本文です

オメガがオカダとのラスト前哨戦勝利「正々堂々と勝ちたい」

6/10(土) 6:03配信

デイリースポーツ

 「プロレス・新日本」(9日、東京・後楽園ホール)

 11日の大阪城ホール大会でIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカに挑戦するケニー・オメガが最後の前哨戦で勝利し、「正々堂々と勝ちたい」と真っ向勝負での戴冠をアピールした。

 オカダが同大会でIWGPジュニアタッグ王者の“ヤングバックス”ニック・ジャクソン、マット・ジャクソン組に挑戦するロッキー・ロメロ、バレッタと組み、オメガがヤングバックスと組んで激突したダブル前哨戦。ヤングバックスとロメロ&バレッタのコミカルでスピーディーな攻防が展開され、6人が目まぐるしく入り乱れただけでなく、オメガ組の盟友Cody、オカダ組の盟友の外道も介入するなど大混戦となったが、最後はオメガが孤立したロメロに片翼の天使を放ち、ニックが押さえ込んだ。

 試合後は、オメガが引き上げようとするオカダをリング上に呼び込んでにらみ合いを展開。だが、ニックとマットが不意打ちのトラースキックを同時発射してオカダをKO。さらに場外に机を設置し、オメガがリング上から机を目がけてオカダを片翼の天使でたたきつけようとしたが、寸前でやめた。

 そして、オメガはIWGPヘビー級王座のベルトを強奪。横たわるオカダに向かって、「ノーノー、オカダ、今じゃない。オレはお前に勝ちたい気持ちは100%。でも、それは1対1の勝負でだ。正々堂々と勝ちたいんだ。だから、オカダ、大阪城ホールで会おうな」と呼びかけた。

 インタビューでもオメガは「オカダよ、お前はいろんなスポンサーやバックがいるみたいだけど、今夜はそれよりもオレたちが特別だった。みんな、楽しんでくれたよね」と不敵な笑み。「大阪城ホールでの試合をみんな楽しみにしているだろう。オレも楽しみにしている。オレはアイツを正々堂々と倒したい。倒すだけじゃない。新日本のゴールデンボーイを突き落としてやるんだ。他の選手はヘルプが必要だっただろう。だけど、1対1で倒すのはオレだ。この業界のレジェンドになってやる。オカダ、ごめん、倒しちゃうから」と意気込みを強くした。