ここから本文です

志木市長選あす投開票

6/10(土) 7:55配信

産経新聞

 任期満了に伴う志木市長選は11日に投開票される。ともに無所属で、新人の会社員、曽根守氏(52)と再選を目指す現職の香川武文氏(44)が争っている。

 争点となった新市庁舎の現在地建て替え計画について、曽根氏は「地盤が緩く、液状化の恐れがある現在地になぜ70億円をかけて建てるのか」と批判し、市民会館のような高台への移転を強調。香川氏は「市民会館用地は市庁舎機能を維持する面積が確保できず、あらゆる可能性を検討した結果、現在地以外に適地はない」と理解を求めた。

 このほか、曽根氏は介護コンシェルジュ制度の導入、高齢者への公共交通機関の無料パス交付などを公約。香川氏は将来を見据えた子育て世代の定住や市民の健康づくり、暮らしやすさ向上など4つの戦略を掲げている。

 有権者数は3日現在6万2157人。

最終更新:6/10(土) 7:55
産経新聞