ここから本文です

ヤンキース田中に続く大物参戦 平野美宇のアイドル愛に業界騒然

6/10(土) 16:46配信

東スポWeb

 卓球世界選手権の女子シングルスで、48年ぶりとなる表彰台に上った平野美宇(17=エリートアカデミー)にアイドル業界が熱視線を送っているという。

 5日に幕を閉じた世界選手権で、平野は女子シングルスの銅メダルを獲得。メダル確定となった準々決勝の勝利後インタビューで「すごく総選挙とか楽しみにしているので、(48年ぶりは)AKBみたいでうれしい。(乃木坂)46が大好きなので46年ぶりでも良かった」と笑顔。「アイドルグループの方たちを苦しい時に見て、頑張ろうと思ってやっている。いつも勝手ながらテレビで見せてもらって、元気をもらっています」とアイドル愛を爆発させた。

 平野は“アイドル好き”として知られ、4月には乃木坂46の西野七瀬(23)や星野みなみ(19)の握手会に参加したほど。

「しかも、西野からもらった直筆サインを遠征先に持ち歩き、試合前にも曲を聴いてモチベーションを上げている」(テレビ局関係者)

 AKB48グループも好きで「第9回AKB48選抜総選挙」(17日開票)で3連覇を狙うHKT48指原莉乃(24)のツイートをリツイート。準決勝進出後、SKE48後藤楽々(16)が自身のツイッターで「美宇さんの活躍に私もすごいなと尊敬しちゃう」などとツイートすると、平野は「えー…うれしいです…。前のめりのころからテレビで見てます」とリプライ。2015年8月発売のSKEの楽曲「前のめり」から注目していたことを明かした。

「大物スポーツ選手のアイドル好きといえば、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が有名です。AKB関連のイベントに何度もゲスト出演し、昨年は公演もプロデュース。プライベートでもコンサートに足を運んでいる。グループ内では早くも平野選手にイベント等への出演オファーを検討中。テレビ業界も番組での共演を模索している。女の子だけに、一緒にパフォーマンスする可能性だってある」(音楽関係者)

“ドルオタ”を全開させた平野の登場で、アイドル界は新たな盛り上がりを見せそうだ。

最終更新:6/10(土) 16:46
東スポWeb