ここから本文です

宮里藍組は大名行列!大会平日最多超え大観衆!決勝R前売り券完売

6/10(土) 6:04配信

デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・サントリーレディース・第2日」(9日、六甲国際GC=パー72)

 今季限りでの現役引退を表明後、初の大会となった宮里藍(31)=サントリー=は2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの74とスコアを落としたものの、通算イーブンパーで、首位と10打差の50位で何とか予選を通過した。

 藍ちゃんフィーバーが止まらない。この日も開門前に約300人が列をなし、午前7時予定を15分早めて開場。当日券は飛ぶように売れ、午前11時に早くも7666人に到達。2009年大会2日目に記録した平日最多7313人を上回った。

 宮里がスタートした午後0時24分には9000人を超え、最終的に9405人が来場。その多くが宮里藍の組につき、黒山の人だかりが移動する様は大名行列さながらだった。

 土、日の決勝ラウンドはさらなる狂騒が予想される。すでに前売り券は完売しており、主催者側は「観衆1万2000人を目安に、当日券の販売を中止する」とツアー史上初の入場制限を想定。3日目は午前8時10分に宮里藍がスタートする。早朝から“プラチナチケット”を求めて長蛇の列ができる可能性が高い。

 宮里はホールアウト後、子供たちを対象にサイン会を開催。中には感極まって号泣する子も。ファンは世代を超えて別れを惜しんでいる。