ここから本文です

東海大農学部に進学したら50万円 南阿蘇、異例の補助

6/10(土) 10:50配信

朝日新聞デジタル

 熊本県南阿蘇村の吉良清一村長は9日、村内から東海大農学部に進学した人の保護者に祝い金50万円を支給すると、この日開会した村議会で述べた。橋本功氏の一般質問に答弁した。自治体が特定の私立大進学に補助を出すのは異例だ。

 東海大農学部は熊本地震後、村内の阿蘇キャンパスで行っていた授業を熊本市内に移し、現在は実習や研究のみを行っている。学生約800人も村を出た。

 吉良村長は、東海大の山田清志学長に村内での授業再開を直談判したと明かし、「学長は(村内再開で)果たして学生が集まるのかと一番心配していた。村としては地元から一人でも進学するために(祝い金を)創設したい」と説明した。

朝日新聞社